【動画】コンテナ船と衝突した米海軍のイージス駆逐艦=熊倉隆広撮影
[PR]

 17日午前2時25分ごろ、フィリピン船籍のコンテナ船から「米艦船と衝突した」と第3管区海上保安本部(横浜市)に通報があった。現場は静岡県の伊豆半島・石廊崎の南東沖約20キロの地点。米艦船はイージス駆逐艦で、米海軍によると、乗組員7人が行方不明になっているほか、艦長ら3人が負傷したという。

 海保によると、業務上過失往来危険の容疑も視野に調べる方針。イージス駆逐艦に関しては、日本の領海での事故なので捜査権はあるが、日米地位協定によって1次裁判権は米軍側にあり、協力を求めるという。

 衝突したのはフィリピン船籍のコンテナ貨物船「ACX(エーシーエックス) CRYSTAL(クリスタル)」(2万9060トン、全長222・6メートル)と、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されているフィッツジェラルド(8315トン、同154メートル)。同艦は船体の右舷真ん中付近にへこみがあり、浸水したものの沈没のおそれはないという。

 また、コンテナ船は左舷の前部に衝突したような跡がある。チャーターした日本郵船によると、16日夕に名古屋港を出発し、17日午前に東京の大井埠頭(ふとう)に到着する予定だった。乗組員は20人全員がフィリピン人で、けが人はいない。乗組員からは「米艦船と同じ方向に進んでいたところ衝突した」という報告があるという。

 在日米海軍の広報担当者によると、けがをした1人は、フィッツジェラルド艦長のブライス・ベンソン中佐で、5月に同艦の副長から艦長に就任したばかりだった。3人のけがの程度は明らかにしていない。

 また、同艦は横須賀基地に向かって自力航行しているものの、推進システムが万全ではないという。事故当時の航行目的は「通常の運用中だった」と説明している。

     ◇

 〈米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルド〉 長さ154メートル、8315トン、乗組員約300人。弾道ミサイルの探知能力を持つ。米海軍ホームページによると、1994年に進水、2004年に神奈川県横須賀市の横須賀基地に配備された。11年の東日本大震災では米軍の「トモダチ作戦」に参加し、被災地で救援活動を行った。