ジョン・G・アビルドセンさん(米映画監督)16日、膵臓(すいぞう)がんのため米ロサンゼルスで死去、81歳。米メディアが伝えた。

 当時無名だったシルベスター・スタローンが脚本を書き、主演したボクシング映画「ロッキー」(76年)を手がけ、アカデミー賞の作品賞や監督賞を受賞。「ベスト・キッド」(84年)の監督も務めた。(ロサンゼルス)