[PR]

 18日午前6時45分ごろ、福岡県大牟田市旭町3丁目、JR鹿児島線の旭町踏切で、市内に住む特別支援学校の中学1年の少年(12)が上り特急列車有明2号(7両編成)にはねられ死亡した。

 大牟田署によると、現場は、警報機と遮断機のある踏切。運転士は「踏切内でキックボードに乗った少年を、150メートルほど手前で見つけて急ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているという。署は事故の経緯を調べている。列車の乗客にけがはなかった。

 事故の影響で上下合わせて16本が運休、最大97分の遅れが出た。