[PR]

 18日に予定されていた北方領土の国後、択捉両島への航空機による初めての墓参は、到着地の国後島が濃霧で航空機が着陸できないため、19日に延期された。

 訪問団は計70人で構成。そのうち元島民やその家族は35人で最高齢は87歳。チャーター機で北海道中標津(なかしべつ)町の中標津空港を出発し、国後、択捉両島の空港を回って計5カ所で慰霊式を行い、日帰りで戻る日程。

 北方領土への墓参は現在は船に限られている。高齢化が進む元島民の負担軽減を目的に、4月の日ロ首脳会談で航空機を使った「特別墓参」が合意された。(神村正史)

こんなニュースも