[PR]

 運行が始まったJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の一番列車が18日、終点の山口・下関駅に着き、歓迎式典があった。

 大阪駅発で、山陰地方をめぐる1泊2日の旅。この日は山口県内で東萩駅と萩駅でも式典があり、3駅で計約2500人のファンが詰めかけた。

 6~9月出発分の旅費は最高で1人125万円。高嶺(たかね)の花にファンたちはため息をついたが、乗客の一人は「景色が素晴らしく、値段以上の価値がある」。