皇太子さまは17日夕、首都コペンハーゲンの運河沿いを散策した。市民に英語で話しかけ、映画俳優と勘違いされる場面も。現地の人たちは日本の「クラウンプリンス」の突然の出現に驚きつつも、フランクに交流を楽しんだ。

 現地時間の17日午後4時半過ぎ。カフェやレストランが立ち並び、多くの人でにぎわう港近くに姿を現した皇太子さまは、鈴木敏郎・駐デンマーク大使の案内で運河沿いを20分ほど散策した。

 皇太子さまは憩いの時間を過ごす現地の人らに自ら話しかけ、握手を交わすなど、積極的に交流した。

 突然話しかけられた女性は当初、皇太子さまを映画俳優だと思った様子。興奮気味に「映画俳優に会うより良かった」と話していた。仲間とお酒を楽しんでいた集団から「楽しんでいますか」と英語で尋ねられた皇太子さまは「Yes!」と応じ、同席を勧められると、笑いながら「次の機会に」と切り返した。

 トランポリンを楽しむ子供たちと触れ合ったり、男性からツーショットのセルフィーを頼まれて応じたり。男性は「すごくすてきな人で、デンマークの皇太子さまみたいに気さくだ」と話していた。

 デジタルカメラを取り出して水上バスを撮影しながら乗客に手を振り、対岸の様子や運河を走るカヤックの撮影も楽しんだ。

 宮内庁東宮職によると、皇太子さまが公式行事以外に現地の街を散策するのは珍しく、過去のアフリカやトルコ訪問などを除いてあまり例がないという。あらかじめ設定された接見などとは別に、一般の人々との交流を通してデンマークの文化に触れてもらおうと、皇太子さまに提案したという。散策後、皇太子さまは「色んな人と話ができて楽しかった」と話したという。(コペンハーゲン=多田晃子)