[PR]

 18日午前10時45分ごろ、名古屋市港区金城ふ頭2丁目のレゴランド・ジャパンで、ジェットコースター「ザ・ドラゴン」(定員20人)が、上昇中に安全装置が作動し、高さ約10メートルで停止した。子ども7人を含む乗客16人が係員の誘導で約1時間かけて地上に下りた。けが人はいなかった。

 園によると、安全装置が作動した理由は分からないという。不具合がないことを確認し、午後4時20分ごろに運転を再開した。ザ・ドラゴンが客の乗車中に止まるのは4月の開業以来初めて。園内のアトラクションで、稼働中に客を退避させたのも初めてという。

 家族連れで来ていて目撃した市内の会社員女性(33)は「『大丈夫かな』と不安になったが、乗客はヘルメットをかぶり、係員の誘導で冷静に階段を下りていた」と振り返った。