[PR]

 唯一の大学生が堂々としたプレーを見せた。17日にあったラグビーの国際試合、リポビタンDチャレンジカップのアイルランド戦(静岡・エコパスタジアム)。日本は世界ランキング4位の強豪に22―50で大敗したが、FBで先発した野口竜司(東海大4年)は攻守で見せ場を作った。FBは2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会では五郎丸歩(31)が務めたポジション。21歳はその後継者になり得る有望株だ。

 野口は177センチ、86キロのがっちり型。東海大仰星高(大阪)では高校日本代表にも選ばれ、3年時に全国制覇。今季は東海大の主将を務める。チーム最後尾のFBは、攻撃、防御ともに求められる役割は大きい。強豪相手では10日のルーマニア戦(熊本)に続く先発で、その能力を発揮した。

 まずは前半開始早々。自陣に蹴り込まれた球を背走しながら相手選手と競り、捕球した。プレッシャーをかわしつつ、タッチライン外へ蹴り出してピンチを防いだ。後半19分は、攻撃で見せ場を作った。相手ゴール前ラック右で球をもらうと、一度内側に突っ込む動きを見せながら縦に切り返した。相手防御3、4人を振り切ってトライ。

 「足は速くない」と言うが、「…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら