[PR]

 18日午後7時ごろ、さいたま市中央区本町東2丁目のJR埼京線与野本町駅で、川越発新木場行き快速電車(10両編成、乗客約450人)が、停止位置を約180メートル行き過ぎて停止した。電車は停止位置まで戻り、乗客を同駅で乗降させた後に約5分遅れで発車した。

 JR東日本大宮支社によると、運転士が停止直前に考え事をしていてブレーキをかけるのが遅れたという。