[PR]

 イランの精鋭部隊・革命防衛隊は18日、内戦が続くシリア東部のデリゾールにある過激派組織「イスラム国」(IS)の拠点に向けてミサイル攻撃をしたと発表した。18人が死亡したテヘランでのテロに対する報復としている。イランのタスニム通信などが報じた。

 防衛隊の声明などによると、発射されたのは6発の中距離地対地ミサイルで、イラン西部にある2カ所の防衛隊空軍基地から攻撃が行われた。ミサイルはISの拠点に着弾し、多数のIS戦闘員が死亡、武器や施設も破壊されたという。

 防衛隊幹部はタスニム通信に、「攻撃は(イランが支援する)シリア政府と連携して行われた」と語り、アサド政権の了承があったことを強調。またイラン国営テレビによると、防衛隊は今後もシリアのIS拠点へのミサイル攻撃を続ける姿勢を示唆したという。

 イランメディアによると、イラ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら