[PR]

 19日午後3時半ごろ、大分市西ノ洲の新日鉄住金大分製鉄所から「配電設備から煙が出ている」と119番通報があった。市消防局によると、厚板工場の電気室にある配電盤の変圧器が焦げたが、けが人はいなかった。

 大分製鉄所では1月にも厚板工場で火災が起き、鎮火までに約35時間かかった。その後も火災が相次ぎ、市消防局によると、今回で今年7件目となった。