[PR]

 ラグビー日本代表のSOSに応えたのは、2015年ワールドカップ(W杯)の後、代表引退を表明していた、あの選手だった。19日、近鉄のFWトンプソン(36)が緊急招集され、アイルランド第2戦(24日、味の素スタジアム)に向けた練習に主力組として加わった。期待されるのは、前戦で日本に欠けていた「ハングリーさ」の注入だ。

 日本は17日、19年W杯での対戦が決まっているアイルランドとの第1戦(静岡・エコパスタジアム)で22―50で敗れた。その夜、トンプソンはジェイミー・ジョセフヘッドコーチからの電話で代表復帰の打診を受けた。

 「日本代表は特別。難しい判断だけど、簡単な判断だった」。トンプソンは3大会連続W杯出場となった前回大会、南アフリカ戦の勝利に貢献するなど活躍したが、代表の活動からは退いていた。今回、代表復帰は1試合限定の見込み。3カ月前に次女が生まれたばかり。妻とは3人の子育て中だが、「チームを助けて」と送り出してくれた。

 トンプソンのポジションのロッ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら