【動画】公式戦28連勝を達成し、記者会見に臨む藤井聡太四段=安冨良弘撮影
[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)が21日、大阪市福島区の関西将棋会館であった王将戦1次予選4回戦で澤田真吾六段(25)に勝ち、デビュー戦から負けなしの公式戦28連勝を達成した。神谷広志八段(56)が五段時代の1987年につくった歴代最多の連勝記録に並んだ。

 藤井四段は、愛知県瀬戸市に住む中学3年生。昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入りし、12月24日のデビュー戦で元名人の加藤一二三(ひふみ)九段(77)に勝った。以来、一度も負けることなく白星を積み重ね、4月4日に連勝を「11」としてデビュー戦からの連勝記録を21年ぶりに更新。その後も勝ち続け、デビューから半年足らずで新人に限らない全体の歴代1位記録に並ぶ偉業を成し遂げた。

 藤井四段の次の対局は、26日の竜王戦決勝トーナメント1回戦。「29連勝」という30年ぶりの記録更新をかけ、増田康宏四段(19)と戦う。(深松真司)

     ◇

 〈藤井四段の話〉 普段通りと思って臨んだが、先に攻められる展開になって自信はなかった。(28連勝は)本当に思ってもみなかったことで非常に幸運。ツキがあったのかなと思う。(新記録がかかる次局は)相手は強敵なので、気を引き締めて臨みたい。