[PR]

 男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンは20日、ドイツのハレで行われ、シングルスで世界ランキング9位の第3シード、錦織圭(日清食品)は1回戦で同34位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に6―7、6―3、6―4で逆転勝ちした。

 全仏オープンの舞台だった赤土のクレーコートと違い、芝では打球が低く滑っていく。ラリーが長く続かない芝ならではの展開で第1セットが幕を開けた。互いに譲らず、タイブレークにもつれこんだ。錦織はこの時点まで第1サーブが入った20回は100%、自分のポイントにした。サーブのコース選択もさえ、容易にリターンを許さなかった。タイブレークでは互いに決定打を打ち合った末に競り負けたが、ショットの感覚は悪くなかった。

 第2セットを奪い返した後、第3セットでは再三のブレークチャンスを生かせなかった。それでも我慢して、第7ゲームでつかんだこのセット7回目のブレークチャンスを生かし、そのまま逃げ切った。

 相手がときに時速220キロ台に及んだ第1サーブを7割以上の確率で入れてきた中の逆転勝ち。インタビューでは「第2セット以降、自分の調子が上がってきた」と手応えを口にした。錦織にとって、ウィンブルドン選手権の前哨戦となる今季の芝での「開幕戦」。2時間半近くの接戦は、実戦感覚をつかむには、最適な場となった。(稲垣康介