[PR]

 サッカーJリーグは20日の実行委員会で、J1の16位と、J2の3位~6位による昇格プレーオフ(PO)勝者は来季から、現行の自動昇降格ではなく、入れ替え戦を導入する方針を固めた。理事会で正式に決まる。J1の下位(17、18位)2クラブと、J2の上位(1、2位)2クラブは現行通り、自動的に昇降格する。

 J1昇格POは2012年から導入。シーズン終盤まで昇格の可能性を残すクラブが増えてJ2の活性化につながったが、POで昇格したクラブが13年から16年まですべて1年で降格し、J1のレベル低下も指摘されていた。

 J1とJ2の入れ替え戦は、04~08年に実施されており、10年ぶりの復活になる。