[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は20日、北朝鮮の核開発の完全廃棄を目指す考えを改めて強調した。米CBS放送とのインタビューで語った。30日にワシントンで行われる見通しの米韓首脳会談に向け、トランプ米政権の北朝鮮政策を評価する考えを強調し、両国関係悪化を避けたい姿勢を示した。

 文氏は15日、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル試射を中断すれば無条件で対話するとしていた。インタビューでは「無条件での対話ではない。まず核とミサイルの凍結が、次の段階で完全な核開発計画の廃棄がそれぞれ必要だ」と説明した。

 ただ同時に「対話は必要だ。制裁と圧力だけでは北の核問題を解決できない」とも語った。年内に北朝鮮との対話を始めたい考えも示した。

 韓国大統領府によれば、文氏は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも