[PR]

 名古屋地方気象台は20日、東海地方では21日明け方から夕方にかけて非常に激しい雨が降る見込みだと発表した。梅雨前線が北上して暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になるという。

 21日午後6時までの24時間雨量は、多いところで三重県250ミリ、愛知県140ミリ、岐阜県120ミリと予想される。気象台は土砂災害や川の増水などへの注意を呼びかけている。