[PR]

 安倍晋三首相(自民党総裁)は20日、憲法9条に自衛隊を明記するとした自身の改憲案について、党所属議員全員を対象とする両院議員総会で直接説明する方針を固めた。時期は今後調整する。石破茂・元防衛相らから2012年の党改憲草案との整合性を問う声が消えず、首相自ら説明する必要があると判断したとみられる。

 首相は同日、党憲法改正推進本部の保岡興治本部長と官邸で協議。保岡氏はその後、国会内で石破氏と面会し、首相の方針を報告した上で「議論を前に進めさせて欲しい」と伝えた。

 保岡氏によると、首相との協議では、9条への自衛隊明記や教育無償化など改憲4項目について、党としての議論を8月までにいったん終えることでも合意した。

 保岡氏は同日、推進本部の幹部会でも首相の説明方針を報告。幹部会では9条について議論が行われ、1、2項を残して自衛隊を明記する首相案について、石破氏が「3項にどう書くのか。『陸海空軍その他の戦力は保持しない』『国の交戦権は認めない』とした2項と、どう矛盾なく説明するのか」と反論した。(藤原慎一)

こんなニュースも