[PR]

 列車の現在位置をスマートフォンのアプリやホームページを通じて公開する鉄道会社が、ここ数年で急増している。利用者が問い合わせの手間を省けることや、ダイヤが乱れたときの混乱回避といった狙いだ。スマホの普及が追い風になっている。

 近畿日本鉄道は6月1日から、スマホのアプリに新メニューを加えた。画面を見れば、走行中の列車がどこの駅や駅間にいるか分かるようにした。5分遅れの場合、列車マークの横に「+5」と表示される。

 今まで利用者は「○○線で遅れ」といった全体状況しか分からなかった。近鉄の担当者は「お客様は自分の乗る列車がどこにいるかを知りたい。『動かなそうなので別ルートで行こう』といった判断も駅に来る前にできる」と利点を語る。

 列車の現在位置を公開するサービスで先行していたのは、実は中小の鉄道会社だった。第三セクターの愛知環状鉄道(岡崎―高蔵寺)は2004年から、ホームページで公開。担当者は「翌年の愛知万博で利用者の急増が予想され、問い合わせの電話で会社がパンクしないよう導入した」と話す。

 このサービスに同じ三セクの北越急行(新潟県、犀潟―六日町)がならった。12年にホームページのほか、各駅に画面を置いて公開を始めた。担当者は「大半が無人駅のため、雪の日などに情報がないままホームで待つお客様の不安を和らげたかった」。

 近年のブームは、14年にJR…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら