[PR]

 200年前の江戸後期に退位した光格天皇が添削したとみられる和歌がみつかった。現在の天皇陛下が退位することになり、最後に退位した天皇として注目されている光格天皇。和歌に優れ、多くの門人を指導したとされる。研究者によると、天皇がじかに添削した和歌が見つかるのは極めて珍しいという。

 京都産業大名誉教授の所功氏が今年3月、京都市内の古書店から、光格天皇の和歌の門人の風早(かざはや)実秋が詠んだ和歌40首が記された文書を入手。そこには墨で線がひかれていた。

 教育研究機関「モラロジー研究所」(千葉県柏市)で分析したところ、光格天皇が題を与え、実秋が2首ずつ詠んで差し出し、優れている方に天皇が線を入れた跡とみられるという。口頭で天皇に表現を直され、それを実秋が記したとみられる修正もあった。

 所氏は「最も大切な宮廷文化である和歌を天皇が習得し、伝えてきたことが分かる貴重な史料だ」と話す。同研究所で7月2日まで展示している。入場無料。(中田絢子