[PR]

■360度動画「いきもの目線」

 2014年に世界文化遺産に登録された群馬県富岡市の「富岡製糸場」。多くの観光客でにぎわう製糸場の一角では通年、蚕の生態展示をしている。5月末、蚕が桑の葉をムシャムシャ食べる様子を360度カメラで撮影した。

 見学コースの一角、大人の薬指ほどの大きさの白い蚕が、ざわざわとうごめいている。いったい何匹いるんだろうか。

 「ざっと500頭ぐらいです」と企画広報係の原田知也さん(34)。「カイコは家畜なので1頭、2頭と数えるんです。農家の貴重な収入源だったので、『おかいこさま』とも呼ばれて大切にされてきました」

 食欲は旺盛だ。製糸場内で採れた青々とした桑の葉を置くと、一気に動きが活発になる。「音を聞いてみてください」と原田さん。耳を近づけると「ザー、ザー」と雨が降っているような音がする。蚕の腹に指を添えると、思いがけずすべすべしていて、少し冷たい感じだ。

 1968年に約3千戸あった富岡市内の養蚕農家は、現在12戸。市では2年前から、養蚕への理解を深める取り組みとして自宅で蚕を繭まで育てる「市民養蚕事業」を展開している。稚蚕100頭と、人工飼料や蚕が繭をつくるための「まぶし」と呼ばれる枠のセットを配布。今春は市民を中心に約150人に271セットが配られ、育てられた繭は製糸場の糸とり実演などで使われている。

     ◇

 蚕はカイコガの幼虫。桑の葉を食べて4回脱皮し、糸を吐いて繭を作る。その後、乾燥させた繭をゆでて、繭1粒から約千メートルの糸を取り出す。この糸を何本もより合わせたものが生糸だ。約140粒で、ネクタイ1本ができる分量だという。

 富岡製糸場の見学料は大人千円、高校・大学生250円(要学生証)、小中学生150円。見学時間は午前9時~午後5時(午後4時半最終受付)。(竹谷俊之)