[PR]

 厚木市は22日、市観光協会や漁業団体と連携し、今夏に市内の河川敷で有料バーベキューの実証実験を実施すると発表した。手ぶらで来てバーベキューを楽しめる環境を用意して「観光活性化」を促進するとともに、バーベキュー後に放置されるごみの問題が有料化によって解消できるかも確かめる。広場の利用のあり方について、「方向性を判断していく」(小林常良市長)という。

 実験場所は相模川、中津川、小鮎川の「三川合流点河川敷」(厚木市厚木)。週末にはバーベキューをする人たちが大勢集まる広場のうち、約2500平方メートルで実施する。

 「手ぶらバーベキュー」と銘打ち、肉や調味料、グリル、炭、テーブル、ごみ袋などを1人分3500円(4人以上で受け付け)で提供。ごみは利用者が可燃ごみ、不燃ごみに分別し、市が処分する。

 実施日は8月11日~9月17日の金曜日、土曜日、日曜日(一部は休み)。野菜や飲み物、椅子などは持参。申し込みは7月3日以降、希望日の4日前までに専用受付(046・221・3338)。問い合わせは市観光協会(046・240・1220)。(須田世紀)