[PR]

 SMAPについて、輝かしいニュースがありましたね。

 「オリコン2017年上半期ランキング」(昨年12月26日から今年6月19日までが対象期間)で、SMAPが「アーティスト別トータルセールス部門」「アルバム部門」で初の首位を獲得。2冠を達成したことが22日、わかりました。

 スポーツ紙各紙によりますと、解散や活動休止状態のアーティストによる上半期アルバム1位は、国内アーティストでは史上初の快挙。海外のアーティストを含めると、1971年度のサイモン&ガーファンクルのお二人のアルバムがランクインして以来のことだそうです。

 さらに、稲垣吾郎くん、草彅剛くん、香取慎吾くんのジャニーズ事務所退所が発表されてから、「世界に一つだけの花」が再びチャートを上昇し、圏外から25位に急浮上したこともわかりました。この動き、さらに活発になりそうな気がしているのは私だけではないはずです。

 3人の退所について、ジャニーズ事務所さんから各所へファクスが届いたのは18日(日)の夜7時前後のこと(情報解禁は翌朝4時)。ジャニー喜多川社長からの異例のコメント入りのファクスでした。

 ジャニー社長は、自ら「出すよ」とおっしゃり、改めて、SMAPを「すばらしい」「MEMORIES」「ありがとう」「POWER」も記してくださいました。SMAPの5人に対してと、ファンの皆さんへの感謝の思いをこめた、そして、アルファベットと日本語をアレンジした天才的なネーミングをいくつも生み出してこられたジャニーさんならではのメッセージに、私は深い愛情を感じました。

 そしてこのことは、翌日のスポーツ紙の多くがトップで報じ、その翌日もまた、SMAPの記事がスポーツ紙を独占することとなりました。

 一昨年、昨年の“騒動”と呼ばれたときもそうでしたけれど、今回もワイドショーでコメントする方々は、SMAPメンバーに取材をしたことがない方たちばかり。

 そして、メンバーに直接、話を聞けているマスコミの人は、相変わらず居ない……という状態が続いています。それは私も同じです。

 これも、いわゆる“騒動”のときと似ているのですが、記者らがそれぞれ取材をして得ている情報はあるものの、それを擦り合わせをしたところで、時系列がバラバラなため、混乱しているというのが現状です。

 でも、SMAPメンバーとお仕事をしている芸能人の皆さんや親交のある方が発する方のコメントに、「真実」や「救われる」ものがずいぶんありましたよね。

 私は、「バイキング」(フジテ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら