[PR]

 7月2日投開票の兵庫県知事選について、朝日新聞社は24、25の両日、電話調査を実施し、取材で得た情報と合わせて情勢を探った。5選を目指す現職の井戸敏三氏(71)がやや先行し、コラムニストで新顔の勝谷誠彦氏(56)が激しく追う。有権者の4割が投票態度を明らかにしておらず、情勢は変わる可能性がある。

 投票態度を明らかにした人でみると、自民、民進、公明、社民の県組織から推薦された井戸氏は自民支持層の7割、公明支持層の大半、無党派層の6割に浸透している。年代別では中高年層の支持が厚い。

 政党の支援を受けていない勝谷氏は自民支持層の一部を取り込み、民進支持層や日本維新の会支持層からも一定の支持がある。ただ、無党派層の支持は3割にとどまっている。

 元県労働組合総連合議長で新顔の津川知久氏(66)=共産推薦=と元同県加西市長で無所属新顔の中川暢三氏(61)はいずれも苦しい。

 情勢調査と同時に実施した世論調査で、井戸氏の4期16年の県政の評価を尋ねると、「大いに評価する」が10%、「ある程度評価する」が63%で計7割を超えた。「あまり評価しない」は18%、「まったく評価しない」は4%だった。

 今回は井戸氏の多選が争点の一つとなっている。一般論として知事の適切な任期を尋ねたところ、「2期8年まで」が31%と最も多く、次いで「何年でもよい」が25%、「1期4年まで」が23%、「3期12年まで」が13%などとなった。

     ◇

 〈調査方法〉 24、25の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、兵庫県内の有権者を対象に調査した。有権者がいる世帯と判明した番号は2033件、有効回答は1183人。回答率は58%。

こんなニュースも