[PR]

 ゲーム・パチンコ機器大手「セガサミーホールディングス」の里見治会長宅が2015年1月に2度発砲された事件で、警視庁は、元暴力団組員山下宏佳容疑者(64)=大阪市天王寺区=ら計5人を銃刀法違反(発射、加重所持)などの疑いで逮捕し、27日発表した。山下容疑者は容疑を否認しているという。

 ほか4人は、指定暴力団神戸山口組系組員の山本孝博(54)=恐喝事件で公判中=、住所不定で無職の松島高夫(55)=銃刀法違反容疑などで逮捕=、東京都練馬区の職業不詳古川浩昭(36)=同=、東京都杉並区の無職渋川秀美(34)=同=の各容疑者。

 組織犯罪対策4課によると、5人の逮捕容疑は15年1月8日未明、東京都板橋区の里見会長宅に拳銃を発砲するなどしたというもの。さらに、山下容疑者をのぞく4人は同14日未明、里見会長宅に発砲するなどした疑いがある。同課は、同8日の発砲が気づかれなかったため、再び事件を起こしたとみている。