[PR]

 芋焼酎の「黒霧島」で知られる焼酎大手の霧島酒造(宮崎県都城市)が、焼酎の魅力を海外へ発信する英語サイト「Shochu culture site」を開設した。晩酌を意味する「だれやめ」をはじめ南九州の焼酎文化や飲み方を紹介。焼酎市場の活性化をめざす。

 サイトは外国人観光客が主なターゲットで、「LET’s DAREYAME!」とアピール。一日の終わりに酒を飲んで疲れを癒やす「だれやめ」の紹介に加え、芋焼酎のルーツや製造方法、同じ蒸留酒のウイスキーやテキーラとの比較などを図解している。韓国語版と中国語版のサイトも近く開設するという。

 日本を訪れる外国人は増加傾向で、昨年は過去最高の約2400万人だった。訪日客の消費額は3兆7476億円と推計され、うち約2割を飲食費が占めた。霧島酒造は「訪日する外国人の方に焼酎を知ってもらい、業界を盛り上げたい」としている。(山下裕志)