西武の森慎二投手コーチ(42)が28日、福岡市内の病院で多臓器不全のため、死去した。同日、鈴木葉留彦球団本部長が明らかにした。

 鈴木本部長によると、ソフトバンク戦で福岡遠征中だった25日に体調不良を訴え、そのまま入院していた。27日に休養が発表されたばかりだった。