[PR]

 製作費250億ウォン(約24億円)。先日、今夏の韓国最大の話題作という映画の完成会見を取材した。舞台は太平洋戦争中の長崎県・端島(軍艦島)。題名は「軍艦島(グナムド)」だ。

 人気俳優ソン・ジュンギさんらが出席した会見場で、最初の質問者に指名された。「映画は何%が史実なのか、日韓関係に影響を与えるか」と尋ねた。3年前、軍艦島で戦時中に過酷な労働を強いられた朝鮮半島出身の元労働者を取材したことがあるが、独立軍の助けで集団脱走するという映画の骨格の話は聞いたことがなかったからだ。

 柳昇完(ユスンワン)監督は「その時代を取材し、ありそうなことを考えて作った。本質的には人間と戦争の物語だ」と語った。誠実な印象を受けた。ところが韓国メディアは、日本人記者の「挑発質問」を監督が見事に切り返したという趣旨の記事を配信し、私は韓国のネットユーザーの批判にさらされた。

 傷ついたが、複数の韓国人の友…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース