[PR]

 ゲーム・パチンコ機器大手「セガサミーホールディングス」の里見治会長宅が2015年1月に発砲された事件で、警視庁は30日、元暴力団組員の男を銃刀法違反などの疑いで逮捕し、発表した。男が主導的役割を担ったとみて動機などを調べている。

 逮捕されたのは、指定暴力団山口組系元組員、福井康二容疑者(69)=覚醒剤取締法違反(使用)の罪で公判中。組織犯罪対策4課によると、福井容疑者は15年1月8日未明、仲間と共謀して東京都板橋区の里見会長宅に向けて拳銃1発を撃ち、門灯を壊した疑いがある。同課は認否について明らかにしていない。

 この事件を巡り、同課はこれまでに実行役や支援役などとして5人を逮捕。里見会長宅を狙った発砲事件は同月14日にも起きており、同庁は福井容疑者が同様に主導したとみている。