[PR]

 毒を持つヤマカガシとみられるヘビにかまれ、一時意識不明になった兵庫県伊丹市の小学5年の男児(10)について、県警は31日、この男児らが同県宝塚市切畑にある寺の参道でヘビを捕まえ、その際、男児は左手の指をかまれていたことを明らかにした。

 伊丹署によると、男児は友人2人とともに7月29日午前10時半ごろ、山林内にある参道でヘビを発見し、リュックサックに入れて約2キロ南の伊丹市内の公園に移動。そこで男児は指の出血を洗い流すなどした後、友人宅でヘビを取り出そうとして今度は右手首をかまれたという。

 29日夜に119番通報した男児の母親は署員に「公園で見つけた」と説明したが、同署で事実関係を調べたところ、31日午前になって友人が署員を参道に案内し、改めて事情を聴いて経緯がわかったという。