[PR]

 1945(昭和20)年、終戦間際。

 のちに「昭和の爆笑王」と呼ばれる父、初代林家三平は、銚子市周辺で敵の上陸を想定した“自爆訓練”に従事していた。

 祖父の七代目林家正蔵は、学徒動員された息子を思いながら、戦意高揚のためにつくらされた国策落語「出征祝」を演じていた。

 72年後の夏。

 戦後封印されてきた「出征祝」を復活させた二代目林家三平さん(46)は、7月に銚子で開かれた催しで「出征祝」を口演した。

 戦争でゆがめられた笑い、その先に追い求めた真の笑い――。噺家(はなしか)3代につながる思いを、三平さんが朝日新聞のインタビューに語った。

 落語は飲む、打つ、買うが基本…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら