[PR]

 多様な性を生きる人たちの声を伝えるイベント「山梨IDAHOメッセージ展」が、甲府市朝気1丁目のぴゅあ総合で開かれている。性的少数者をテーマに交流会や勉強会を開く市民団体「CoPrism」の主催。今回で4回目。

 県にゆかりがある約30人を含む約130人からのメッセージや、同性愛など「LGBT」の解説パネルが展示されている。CoPrism代表のぱっそさん(29)は「LGBTという言葉はよく耳にするようになったが、その声に接する機会はまだ少ないと思う。多様な性について気軽に知ってもらえたら」と話す。

 無料。15日まで。10日休み。午前9時~午後5時(最終日は午後3時)。8日午後1時半から、性的少数者の若者支援に取り組む遠藤まめたさんの講演会がある。参加料は大人千円、学生など500円。申し込みはメール(coprism.yamanashi@gmail.com)で。