【動画】終局後、記者の質問に答える佐々木勇気五段と藤井聡太四段=瀬戸口翼撮影
[PR]

 将棋界の公式戦最多連勝記録を作った中学生棋士、藤井聡太四段(14)が2日、東京都渋谷区の将棋会館であった対局で佐々木勇気五段(22)に敗れた。藤井四段は昨年12月のデビュー以来、無敗の快進撃を続けてきたが、連勝は29でストップした。

 竜王戦の挑戦者を決める決勝トーナメント。先手番の佐々木五段が夜まで続いた熱戦を制した。藤井四段は竜王戦では敗退したが、他のタイトル戦では年度内に挑戦を決める可能性がある。

 藤井四段は愛知県瀬戸市在住。昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。今年4月、プロ初戦からの連勝の新記録「11」を作った。先月26日には29連勝を達成し、プロ入り直後に限らない連勝記録を30年ぶりに更新した。(村瀬信也

     ◇

 〈藤井四段の話〉 機敏に仕掛けられてそのまま押し切られてしまった。連勝はいつかは止まるものなので仕方ないが、本局はちょっと勝負どころなく敗れてしまったのが残念です。完敗でした。(今後に向けて)また一局一局、真剣に頑張っていきたいと思います。

 〈佐々木五段の話〉 自分の形にもっていけてペースを握れた。竜王戦のトーナメント表ができてから藤井四段の対策をかなりしてきたので、努力が実ったのは良かった。プレッシャーは感じたが、私たちの世代の意地を見せたいなと思っていた。壁になれて良かった。

 〈日本将棋連盟会長の佐藤康光九段の話〉 ここまで将棋界の枠を超えた注目が集まる中、14歳という若さで夢を与え続けてくれたことに感謝します。彼の棋士人生はまだ第一歩を踏み出したばかり。とてつもなく強くなってほしいと思います。

 〈師匠の杉本昌隆七段の話〉 竜王戦本戦という大舞台を経験し、ここまで将棋界を盛り上げてくれたことに関し、師匠として、一人の棋士として「ありがとう」と言いたい気持ちです。連勝は止まりましたが、14歳の藤井四段はここからが本番。今までどおりの将棋好きの少年の気持ちを忘れずに。一喜一憂せず、次の記録に向かって精進してください。

 〈母親の藤井裕子さんの話〉 勝負なので負けは仕方のないことだと思います。経験を糧にしてこれからも「強くなる」という目標に向かって進んでいってほしいです。