[PR]

 カンボジアの世界遺産アンコール遺跡群のうち、奈良文化財研究所(奈文研、奈良市)が調査修理プロジェクトを進めている石造寺院跡「西トップ遺跡」(9~15世紀)で、解体された北祠堂(きたしどう)の地下から、れんがを積み重ねたほぼ正方形の遺構がみつかった。専門家によれば、この遺跡群で地下のれんが遺構の発見は初めて。何らかの祭祀(さいし)が行われたとみられるが、宗教的な背景は不明だ。アンコール遺跡群に新たな謎が加わり、専門家は注目する。

 奈文研が、刊行した「紀要2017」で報告した。

 西トップ遺跡は都城遺跡アンコールトム内にあり、中央・南・北の三つの石積みの祠堂で構成される。激しい内戦が続いたカンボジアでは石造建造物の修理技術を持った人材が乏しく、極彩色壁画で知られる高松塚古墳(奈良県明日香村)の石室解体など豊富な経験を持つ奈文研が西トップ遺跡の修理と人材育成に乗り出した。まず2012年から南祠堂(14世紀ごろ)の解体修理を始め、16年からは北祠堂(15世紀ごろ)の解体を進めてきた。

 奈文研によれば、16年7月から解体した跡地を発掘調査し、南北2・13メートル、東西2・08メートル、深さ1・48メートルのれんが遺構が出土した。底面にれんがを敷き詰め、四つの壁もれんがを積み上げる構造だ。れんが1個は長さ20センチ、幅13センチ、厚さ6~8センチ。規格の異なるれんがもあった。主に遺構の下半分では、れんがの表面に粘土が上塗りされ、黒く焦げた部分も多い。すでに解体修理を終えた南祠堂の地下も発掘調査されているが、れんが遺構はみつかっていない。

 遺構の底から中国産とみられる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら