[PR]

 2日投開票の東京都議選(定数127)で自民党が惨敗したことについて、安倍晋三首相(党総裁)は3日午前、首相官邸で記者団に「大変厳しい都民の審判が下された。深く反省しなければならない」と語った。今後の政権運営については、「しっかりと態勢を整え、結果を出していくことによって国民の信頼を回復していきたい」との方針を示した。

 自民党は現有57議席から23議席に減らし、過去最低の38議席を大きく下回った。小池百合子・都知事との対決に加え、連立を組む公明党が敵に回るなか、「加計学園」問題や閣僚の問題発言、政権幹部の疑惑などで批判にさらされた。首相は「政権が発足してもうすでに5年近くが経過するなかで、安倍政権に緩みがあるのではないかと厳しい批判があったんだろうと思う」と敗因を分析した。

 その後、党本部であった党役員会でのあいさつでは、「都民の審判が下った。しっかり反省し、信頼回復のために成果を上げていきたい」と語った。さらに「国会、政策、地方選挙、それぞれの分野で何ができるか考えてほしい」と党勢回復のための努力を呼びかけた。

 首相は主要20カ国・地域(G20)首脳会議などのため、5日から欧州歴訪を行う予定。二階俊博幹事長は「首相には勝って外遊に行って頂きたかった」と述べた。下村博文幹事長代行は敗北の責任を取って、党都連会長を辞任することを表明した。

 都議選では政権批判を展開した共産党が議席を伸ばした。民進党などを含めた野党4党は加計学園問題の追及などのため、臨時国会の早期召集や閉会中審査を求めている。自民党役員会後、首相も含めた一部の幹部で対応を協議。「閉会中審査には応じざるを得ない」との認識で一致したという。

 選挙期間中に問題発言をした稲田朋美防衛相について、党内に責任を問う声が強まっているが、菅義偉官房長官は記者会見で「説明責任をしっかり果たしながら職務に邁進(まいしん)してほしいという思いは全く変わっていない」と述べ、続投させる方針を改めて示した。