[PR]

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は3日、2019年3月をめどに、ドイツ・フランクフルトに新たな拠点を設けると発表した。現在は英国・ロンドンの現地法人が取得した認可で欧州連合(EU)加盟国全域で営業している。しかし、英国がEUから離脱すれば英国外で営業できなくなる可能性があることから、別のEU加盟国に新たな拠点を設ける検討をしていた。

 フランクフルトには銀行と証券の現地法人を設立し、ロンドンから一部の社員を移す。新たな拠点は、アイルランド・ダブリンなど他の都市も候補だったが、欧州中央銀行(ECB)の本店があり、会計や法律など金融業務に従事する人材も豊富なフランクフルトに決めた。