[PR]

高齢者施設向け出張カフェを営む 寺川(てらがわ)麻依子さん(39)

 ショートケーキにフルーツタルト。30種類近いスイーツを軽バンに載せ、京都や大阪、和歌山へと出張しては、1日限定のビュッフェ形式のカフェを開く。行く先は、高齢者施設だ。

 もともと福祉畑でなく、飲食業など数社で働いた。仲間と始めた会社で施設の清掃に入り、そこで暮らす高齢者の姿に驚いた。ずっと天井を見ている人。うつむいたままの人。自分にできることはないかとの思いが芽生えた。

 転機になったのは、取引先の施設で催された出張デパート。多くの商品が並び、入居者が笑顔で買い物をしていた。施設に入ると与えられることが多く、自ら「選ぶ」ことが減るのでは。そう気づき、昨年3月に初めてカフェを開いた。色とりどりのケーキを見て、車イスの女性が「うゎー」と目を輝かせた。これほど喜んでもらえるならと、1人で事業に乗り出した。

 いま力を入れるのは、その人の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース