[PR]

 侍の身を守ったよろいかぶとが、スマホを守る。「越谷甲冑(かっちゅう)」の伝統工芸技法を残そうと、埼玉県越谷市の甲冑工芸会社3代目がスマートフォンのカバーケース「サムライ フォン カバー」を試作中だ。甲冑の需要が端午の節句に集中するなか、通年で売れる商品の開発は経営の安定にもつながり、業界の悲願だ。

 スマホカバーを試作するのは、越谷市新川町の「甲冑工房 朝比奈」の職人、朝比奈龍さん(40)。祖父が1959年に創業し、3代目になる。

 戦国武者の身を守った甲冑は、江戸の頃から子どもを守るシンボルとして飾り物になったという。今も端午の節句に需要があるが、住宅事情や少子化が影響し「自分が子供の頃の30年前に比べて生産数は半分くらい」と朝比奈さんは話す。

 古来の伝統を絶やさず、経営の安定や職人育成のためにも、新商品の開発は急務。そのため、2016年に県が実施した「伝統工芸品等新製品開発コンテスト」に参加し、最優秀賞を受けた。同コンテストは県が指定する伝統的手工芸品が対象で、デザイナーらと意見交換し、外国人や女性、若者に受け入れられる商品作りを目指すものだ。

 朝比奈さんが手がけたのが、伝統技法「威(おど)し」を活用したスマホカバーだった。威しは、威し糸と呼ばれる正絹の糸で、アルミ製の小札(こざね)という甲冑金具を編み込む技法。編み方や使う糸の色の違いで、さまざまな柄模様が作れる。

 スマホカバーに着目したのは、伝統工芸品を手軽に手にとってもらえると思ったからだ。スマホは今や必需品でカバーを装着している人も多い。甲冑の感触を味わってもらい、工芸技術を後世に残したいという思いがある。

 ただ、まだ「商品化に向けたテスト販売の段階で主に受注販売」という。価格は税込みで7020円。対応機種もiPhoneの一部に限られているため、商品をブラッシュアップさせながら対応機種も増やしていく予定だ。

 「色の相談も受け付ける。受注から納品まで約1カ月かかるが、ぜひ侍気分の感触を味わってほしい」と朝比奈さんは話す。

 問い合わせは、同工房(048・987・9144)へ。(春山陽一)