[PR]

 若い世代の来館者が少ないという県立博物館(笛吹市)が、4コマ漫画やSNSで施設の魅力を発信しようと、新しい取り組みを加速させている。若者層を引きつけようというのが大きな狙いだ。

 4コマ漫画を手がけているのは、学芸課長の森原明廣さん(51)。1月下旬から毎日描いては博物館のロビーに置き、来館者の目を楽しませている。絵はイラストを描く程度だったが、岐阜県美術館の同じような取り組みを知って始め、この7月14日で171話に達した。

 展示物の配送には特別仕様のトラックが使われている。博物館には東京ドームの1・5倍の庭があり、約4万本の樹木が植えられている……。リスを主人公に展示内容の紹介だけでなく、博物館に関する裏話も載せているのがストーリーの特色だ。

 写真を取り入れたりクイズ形式…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら