[PR]

 環境省と大阪市などは4日、大阪南港(大阪市住之江区)で、強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」が見つかったと発表した。国内での発見は、兵庫県尼崎市、神戸市、愛知県弥富市に続き4件目。女王アリとみられる個体もいたという。同省によると、女王アリとみられる個体が国内で見つかったのは初めて。

 大阪市によると、環境省が6月30日、同港を調査したところ、香港から来たコンテナ周辺の地面から、ヒアリか、別の毒を持つ外来種アカカミアリの可能性のあるアリをまとまった数で発見。環境省が専門家に依頼して調べたところ、7月3日、一部がヒアリであることがわかった。さらに同日、約50体のヒアリとみられるアリの死骸を回収。女王アリとみられる個体も含まれていた。同省は付近でヒアリが繁殖している可能性もあるとみて、今後、詳しい調査を進める。

 ヒアリは南米原産。体長は2・5~6ミリ。攻撃性が高く、刺されるとやけどのような激痛が走り、アレルギー反応のアナフィラキシーショックによる死亡例もある。一目で見分けるのは難しく、環境省は「あやしいと思ったら触らず、万一刺されたらすぐ病院へ」と注意を呼びかけている。

■女王アリ確認「不思議では…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら