【動画】眞子さまが3日に婚約内定発表、今後の儀式や結婚後の生活は

■いちから解説!

 秋篠宮家の長女・眞子(まこ)さま(25)と大学時代の同級生小室圭(こむろけい)さん(25)の婚約が3日、正式に内定します。女性皇族の結婚は2014年の千家典子さん(当時の高円宮家の典子さま)以来。結婚までにどういう儀式が予定され、結婚後のお住まいや生活はどうなるのでしょうか。最近の事例を踏まえ、解説します。

 眞子さまのような皇族の女性、いわゆる「プリンセス」が結婚する場合、婚約内定後にも様々な儀式などが行われます。

 まず、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」があり、婚約が正式に成立します。3年前にご結婚された高円宮家の次女典子さまの場合、お相手の出雲大社宮司の千家(せんげ)家の長男、国麿(くにまろ)さんの使者が高円宮邸を訪問して、木箱に入った清酒3本や白い絹のドレス生地などを結納品として届けました。

 そして結婚式のおよそ1カ月前には、挙式の日を正式に伝える「告期(こっき)の儀」があります。今回の場合、小室さんの使者が秋篠宮邸を訪問し、結婚式の日取りを伝えます。

 結婚式を数日後に控えたころ、宮中三殿で、「賢所皇霊殿神殿に謁(えっ)するの儀」に臨みます。皇室の祖神などに別れを告げるもので賢所、歴代天皇や皇族をまつる皇霊殿、八百万(やおよろず)の神をまつる神殿の順に拝礼します。髪を後ろで束ねた「おすべらかし」の髪形で臨むとみられます。通常、宮中三殿での拝礼は天皇、皇后両陛下や皇太子ご夫妻だけが殿上で行いますが、3年前は、典子さまも殿上で拝礼しました。

 続いて、両陛下に感謝の言葉を述べる「朝見の儀」。典子さまの場合は「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」と同じ日に行われました。

 いよいよ結婚式の当日には、「入第の儀」があります。小室さんの使者が秋篠宮邸に迎えに行き、結婚式に臨むことになります。眞子さまと小室さんの結婚式は、黒田清子さん(紀宮さま)と同じ帝国ホテルで行うことが検討されているようです。

■身分やお金は?

 皇族の女性が結婚すると、身分…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら