[PR]

 住民基本台帳(今年1月1日時点)に基づく日本人の人口が、前年より30万8084人少ない1億2558万3658人だったことが5日、総務省の人口調査で分かった。8年連続の減少で、今の調査を始めた1968年以降で最大の減り幅。昨年中の出生者数は初めて100万人を割った。

 人口が増えたのは6都県。人口が最多の東京は7万7400人増と、2位の神奈川県(7806人増)を大きく引き離した。人口が減った41道府県のうち、最も減少数が多かった北海道はマイナス3万3593人。新潟(マイナス1万9140人)、静岡(同1万7664人)が続いた。

 一方、昨年1年間に生まれた日本人は98万1202人。亡くなった人は130万9515人と、出生数を33万人近く上回った。

 外国人の人口は232万3428人。前年より14万8959人増え、6・85%の高い伸びになった。外国人を含め、大都市への一極集中が続いており、東京、名古屋、関西の三大都市圏の人口(1月1日現在)は、前年より14万人あまり増え6617万674人。11年連続で全国の人口の半数以上を占めた。(久永隆一)