[PR]

 県立中央病院(甲府市、神宮寺禎巳院長)は5日、睡眠導入剤約3万7千錠を紛失したと発表した。盗難の可能性があるため県警に被害届を出した。県は院内に立ち入り検査をする。

 病院によると、紛失したのは、睡眠導入剤「ゾルピデム錠」。不眠症の患者に処方され、麻薬及び向精神薬取締法で第3種向精神薬に指定されている。紛失の場合は県に届け出ることになっている。

 薬剤師が日曜日の2日朝、病院の調剤室に金曜日の6月30日夕に補充した約500錠がないのに気づいた。購入量と処方量をつきあわせた結果、昨年8月から計約3万7千錠がなくなっていることが分かった。

 調剤室がある薬剤部は、夜間な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら