【動画】運行が始まった近江鉄道の「ビア電」=大野宏撮影
[PR]

 近江鉄道の夏の風物詩「ビア電」の運行が5日夜、始まった。9月2日まで、計43便を運行する。

 電車に揺られながら、沿線のキリンビール滋賀工場(多賀町)で造っている一番搾り生ビールなどが約2時間飲み放題になる人気企画で、2両編成で定員72人の予約制。弁当と運賃を含め大人1人3500円。この日夜の彦根駅からの「始発」には約70人が乗車。電車の揺れも手伝ってほどよく酔いが回る中、鉄道グッズなどが当たる抽選会などで盛り上がった。

 近江鉄道グループは彦根港など発着の「ビア船」も運航中。秋には「ワイン電車」、冬には「地酒電車」を走らせており、ビア電も含めた四つのうち三つを利用すると粗品がもらえるスタンプラリーを今年から実施している。

 ビア電は彦根、近江八幡、八日市の各駅発着で、9月2日まで。すでに完売になった便があるほか、8月11~16日など運行しない日がある。10日前までに予約とチケット購入が必要。問い合わせは、近江トラベル予約センター(0749・24・8103)へ。(大野宏)