[PR]

 九州北部の記録的な豪雨の影響で、JR鹿児島線や長崎線、佐世保線、日田彦山線、久大線など在来線の9路線で始発から運転を見合わせた。JR九州は6日朝、久大線の光岡(てるおか)―日田間の花月川橋梁(きょうりょう、大分県日田市、長さ約80メートル)が流されているのを確認。「復旧には、かなりの時間がかかる」としている。

 JR九州によると、6日正午現在の運休区間は、鹿児島線(長洲―熊本)▽長崎線(肥前山口―肥前浜)▽佐世保線(肥前山口―早岐)▽日田彦山線(添田―夜明)▽久大線(善導寺―日田)▽豊肥線(阿蘇―中判田)▽肥薩線(人吉―吉松)。

 西日本鉄道によると、天神大牟田線の柳川―大牟田間で始発から運休している。

 西日本高速道路によると、大分道は甘木(福岡県)―玖珠(大分県)間で通行止めが続いている。長崎道は6日午前7時から佐賀県内の多久―嬉野、武雄ジャンクション―武雄南間で、九州道の久留米(福岡県)―植木(熊本県)間と、益城熊本空港―御船間(いずれも熊本県)も相次いで通行止めになった。