【動画】日本初の民間単独開発ロケットの打ち上げ日程の発表会見。堀江貴文さんも出席した=杉本崇撮影
[PR]

 北海道大樹(たいき)町のロケット開発ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は6日、都内で記者会見し、29日に同町から小型ロケットを打ち上げると発表した。民間単独で宇宙にロケットを打ち上げるプロジェクトで、元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資している。成功すれば、民間単独では日本初という。

 ロケットは全長約10メートル、重さ約1150キロ。燃料はエタノールと液体酸素で、約20キロの観測装置を搭載できる。既製品を使ってコストを削減し、商業化する際は打ち上げ費用を5千万円以下に抑えることをめざす。

 同社によると、打ち上げ時間は29日午前10時20分~午後0時半を予定している。悪天候やトラブルがあれば延期する。打ち上げの4分後に宇宙空間(高度100キロ)に到達し、その後、落下する。約4分間、無重力状態になるという。

 今回は実証実験の段階だが、堀江さんは「科学実験やエンターテインメントなどで事業化したい」と話す。2020年ごろには超小型衛星を載せて打ち上げることを目指すという。(杉本崇

関連ニュース