[PR]

 森林でコップ1杯分の水をくんでDNAを分析するだけで、そこに生息する哺乳類の種類を特定できる技術を、県立中央博物館(千葉市中央区)や東京農業大学などの研究グループが開発した。熱帯雨林などで広い範囲の調査が可能になり、絶滅のおそれのある動物の生息確認や保護に役立つことが期待されている。

 同博物館によると、森林に生息する哺乳類を調べるには、自動撮影カメラを設置して撮影したり研究者が目視で観察したりと、多くの時間と労力がかかる。宮正樹生態・環境研究部長は「哺乳類の種類を特定するのは実は大変」と言う。

 一方、魚や両生類など水中の生物は、フンや体から分泌された粘液などを通じてDNAを体外に放出しており、「環境DNA」と呼ばれる。水中に溶け込んでいる量はわずかだが、遺伝子配列から種類を特定する技術が確立されている。

 研究グループは、この手法を森…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら