[PR]

 第99回全国高校野球選手権山梨大会(朝日新聞社、県高野連主催)が8日、開幕する。甲府市の山日YBS球場で7日、開会式の予行演習があり、参加36校のマネジャーらが行進の順番や入退場の方法などを確認した。

 開会式は甲府市小瀬町の山日YBS球場で午前8時45分から。

 山梨学院の吹奏楽部員たちが演奏を担当する。予行演習には約50人が参加した。部長の志村和奏(わかな)さん(3年)は「大会のはじまりを告げる演奏を、球場全体に響き渡らせたい」と意気込みを語った。

 司会を担当するのは甲府東の放送部の滝沢実(みのり)さん(2年)。2016年度のYBS杯県下高校放送コンテストの朗読部門で3位になった。小学生のころから野球が好きで、夏の高校野球はどの学校が勝つか分からないところが魅力だという。毎年テレビ中継で観戦している。

 「大会に関われて本当にうれしい。今日は焦って原稿を読むのが早くなってしまったので、本番では聞いていて気持ちいいアナウンスを心がけようと思います」と話した。(野口憲太)

こんなニュースも