[PR]

 将棋の藤井聡太四段(15)の活躍に、山形県天童市の将棋駒産業が沸いている。ふるさと納税の返礼品として将棋セットの人気が急上昇し、売り上げも伸びた。駒職人の後継者育成に取り組んできた関係者らを勇気づけている。

 7月上旬、将棋駒などを販売する天童市の「中島清吉商店」は観光客でにぎわっていた。石川県から来た男性が孫のために買ったのは、5千円ほどの将棋セット。「孫には藤井四段みたいな才能はなさそうだし、これくらいでちょうどいい」と笑った。

 店の売り上げは例年の2~3割増。市のふるさと納税の返礼品として納めている将棋セットに限れば2倍くらいという。

 店主の中島正晴さん(56)は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら