写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 医療技術が進み、ものを食べられなくなっても、意識がなくなっても、生きられる時代です。年間100万人以上が亡くなる多死社会。最期の時を、どんな形で迎えるか。どんな医療を受けたいか、受けさせたいか。どう決めればいいのでしょうか。(聞き手・畑川剛毅、阿部彰芳)

■看取る側の意識改革も必要 会田薫子さん(東京大学特任教授)

 人生の最期を迎える時の医療。医学中心の考えから抜け出すために、最近は終末期医療と呼ばず、厚生労働省は「人生の最終段階における医療」と呼んでいます。

 経済的に豊かな社会にみられる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら